最近よく耳にする「ヒートショック現象」。
みなさんどんなものかご存知ですか?
心臓の弱い方、ご高齢者が家族にいらっしゃる方には特に知っておいてほしい知識です。
*******************************

ヒートショックとは??

気温の低い冬場は、裸になってすぐに、とても冷え切った浴室に入るため、体が極端な温度変化を感じ、この温度変化が血管を著しく伸縮させてしまいます。
それによって血圧と心拍数が急激に上がってしまいます。
特にご高齢の方や血圧の高い方、心脆の弱い方にとって、脳卒中や心臓疾患を起こしやすい状況を作りだしてしまうおそれがあるのです。実は入浴中に亡くなられる方は、交通事故で亡くなられる方よりも多いのです。なんと年間1万人を越えると言われています。

ヒートショックを予防する方法とは??

ヒートショックを防ぐには何をすれば良いのでしょうか??
それは、浴室の気温を高めに保つこと です。
浴室の理想的な温度は25℃前後
しかし、冬の浴室は平均10℃くらいまで冷え込んでいます

<対策方法>

①浴室暖房を設置したり、脱衣所に暖房器具を置いたりすることで、入浴前にあらかじめ浴室内を温めておく。

②シャワーの蒸気で浴室内を温める。

③かかり湯で体を十分になじませる。

④入浴の前後にしっかり水分補給をする。

 


ヒートショックの予防策は簡単にできるものばかりです。
できることはすぐに実践してみましょう!


******************

これからますます寒さが厳しくなってきます。
ヒートショック対策を万全にして、寒い冬を
乗り越えましょう☆
******************