家を建てる時、地震に強い家かどうか誰もが気にする点ですよね。
では、地震に強い家とはどのような家でしょうか?
ハウスメーカーや工務店で何を見れば地震に強いかどうかが分かるのでしょうか?

********************

 

耐震性能を表す「耐震等級」とは

地震に対しての建物強度の基準として住宅性能表示制度に基づく「耐震等級」というものがあります。1~3段階で評価され、3が最も厳しい基準となります。等級1は建築基準法に定められた最低基準と同等レベル。その耐震等級1の定義は「数百年に一度発生する地震(震度6強~7)でも倒壊しない強さ」としています。等級2はその1.25倍、等級3はその1.5倍と規定されています。
しかし阪神淡路大震災以降、日本では震度6強~7の地震が何回あったでしょうか。最大震度7を記録したのは4回。熊本地震や北海道胆振東部地震は記憶に新しい大地震です。つまり耐震等級1で「数百年に一度」と規定される地震はこの約20年で10回以上発生しているのです。

 

耐震等級3を備えた家に

2016年4月に発生した熊本地震では大きな建物被害が発生しました。被害を受けた家屋の多くは旧耐震基準の木造住宅でした。そんな中、耐震等級3で設計された戸建住宅はほぼ無被害または被害が少ない状況であったことが注目されています。

 

イエテラスは耐震等級3相当

いえとち本舗の商品「イエテラス」は耐震等級3相当。耐震等級3ではなくて耐震等級3相当って、なんか怪しい…どんな構造なのか…本当に地震に強いの?そんな声が聞こえてきますが、「耐震等級3相当」である理由がちゃんとあります!

まず、耐震等級の評価・認定をしているのは住宅性能評価機関という専門機関になります。
つまり地震に強い家にするためには、耐震力のある建築部材を利用するうえ、間取りも耐震に影響するため、精密な方法で耐震性を測定するための基準が設けられています。
正式な耐震等級の基準を受けるには、住宅性能評価機関の検査に合格しなければなりません。しかし、正式な検査をするには費用がかかります。「耐震等級3」の認定を正式に受けるには、数十万という決して安くはない費用がかかります。「耐震等級3」と「耐震等級3相当」の建築性能が同じなら、その費用を少しでも抑えることによってお客様に少しでも安く良い家を提供したいというのが私たちの想いです。ただ一生に一度の高い買い物をされる訳ですから、しっかり安全を確認したいですよね。そのためお客様により安心して住んでいただけるように、全てのプランで許容応力度計算を実施しています。建築基準法では木造住宅は2階建て以下はこの計算をすることが義務付けられていませんが、全棟で実施し安全性を確保しています。

※許容応力度計算は、荷重や地震に対して柱や梁などが、十分に耐えられるかどうかを検討する作業です。 あらゆる条件(地震・台風・雪など)を短期的かつ長期的な観点から調べます。
 
同じ「耐震等級3相当」という表記でも工務店によって構造は異なります。どのような計算に基づいて「耐震等級3相当」と表記しているのかきちんと確認してみてください。

 

 

*******************************
ご相談はいえとち本舗東広島店まで♪
0120-932-325
お問い合わせフォームはコチラ
*******************************