住宅購入をご検討されている方にとって、消費税のアップによる影響は気になる話ですよね。
2019年に突入し、政府が増税を予定している10月も、そう遠い日ではなくなってきました。
建物にかかる消費税はもちろん、引っ越しや家具・家電の購入、手数料など…
住宅購入に関わる様々な事に増税が影響してきます。
それでは、どのようなスケジュールならば増税の影響を受けずに済むのでしょうか?

今ならまだ間に合います!
*************************

消費税額は原則として、
引渡し時点の税率により決定します。
つまり、税率アップの前日である、
2019年の9月30日までに引き渡しがされれば、税率は8%が適用されます。

しかし、注文住宅は完成までにかかる期間が長いため経過措置が用意されています。
引渡し時期により消費税率が変わるとなると、安心して契約を結ぶことができませんよね?

そういった事態が発生しないようにするため、
「税率引上げの半年前までに契約された住宅には前のを適用するという配慮があります。

つまり、2019年3月31日までに工事請負契約を結べば、
引き渡しが増税後になったとしても8%の税率が適用
されます。
工事請負契約が2019年3月31日に間に合わなかった場合は、
2019年9月30日までに完成・引き渡しがなされれば、消費税は8%です。
しかし、引き渡し後に購入する家具・家電等の費用には消費税10%がかかってしまうことになります。 
今は歴史的な低金利なので住宅ローンを組むには最適の時期であり、
住宅購入のための税制優遇や補助金などの支援制度も充実しています。
 

こういった支援制度を上手く活用して、
お得に賢く家づくりを進められるスケジュールを計画しましょう。
上記を参考にスケジュールを逆算すると、
動き出すタイミングも明確になってくるのではないでしょうか(^^)??

 

*************************
ご相談はいえとち本舗東広島店まで♪
0120-932-325

マイホームを考えるならまずは知っておきたい!
賢い予算の決め方が分かる小冊子無料プレゼントはコチラ
*************************