冬の結露にお困りではないですか?
我が家も結露でカーテンがビショビショになってしまう程、結露には悩まされております…。
今日は結露の対策をご紹介します!

 

結露が発生する原因とは?

そもそも結露はなぜ発生するのでしょうか?
結露が起こりやすい条件は大きく3つあります。

1.湿度が高い
濡れた衣類をそのままにしておくだけで室内の湿度は高くなります。
水回りは特に湿度が高くなりやすい場所です。

2.表面温度が低い
室内の温度と外気温の差が生じる冬場の窓ガラスや断熱の不足、断熱材の劣化も考えられます。

3.風通しの悪い場所
押入れの奥や大きな家具の裏も結露が生じる場所です。

 

結露がもたらす悪影響

それでは結露がもたらす悪影響とは具体的にどのようなものでしょうか??
結露が発生し、その部分が濡れるとカビが生えることで人体への影響を及ぼす可能性があります。
また建造物の腐敗に繋がります。

結露により家がボロボロになるなんて恐ろしいですよね…
住まいに起こる結露には「内部結露」「外部結露」の2種類あるんです。
表面結露はその名の通り、天井や壁の表面で発生する結露です。
水蒸気を含んだ暖かい空気が、温度の低い建材に触れることで発生します。
一方、内部結露が起こりやすいのは、外壁・屋根回り・床下・コンクリートや金属と木材が接触する部分などです。外壁の内部や床下での結露は目に見えないところなので、発見が遅れ、気づかぬうちに結露によりお家の劣化が進んでしまっていることも。

 

 

実践!結露の予防策

それでは、結露の予防策です!

1.こまめな換気を行う
入浴後にお風呂のドアを開けっぱなしにしない、エアコンで除湿をする、天気の良い日は窓を開ける、など定期的な換気を心掛けましょう。

2.家具や押入れに空気の通り道を
家具が壁との間に隙間を作ることで壁の表面温度が下がらず、空気の通り道ができるためカビの発生を抑制します。布団は人が放出した水蒸気を溜め込むため、押入れのような通気性の悪い場所で結露が起こりやすいのです。布団はこまめに乾燥させ、すのこを置いて押入れの中の通気性を上げましょう。

 

結露の季節はまだまだこれからです。
ご自宅の温度・湿度状況を把握し、上手な対策を進めていきましょう。