シックハウス」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?
聞いたことはあるけれど具体的には知らないという方も多いのではないでしょうか??

********************

シックハウス症候群ってなに??

1990年代に入り、新しい家やリフォームしたての家に入居した人が、突然目やのどの痛みを訴えたり、めまいや吐き気、頭痛などに襲われるといった症状が現れ、社会問題となりました。住宅の建材や家具などから放出するホルムアルデヒドなどの揮発性化学物質が人体に触れたり吸収されたりすることによって健康障害を引き起こしていたのです。これがいわゆる「シックハウス症候群」です。人体に与える影響は非常に深刻で、長く体調不良を訴える人や通常の社会生活を営むことも難しくなった人さえいます。

 

シックハウス症候群の原因は?

直接の原因は建材に使われる化学物質で、住宅の建築には様々な化学物質を含む建材(屋根材、床材、壁材、建具など)が使われるようになりました。また現在の住宅が省エネ化し高気密化されたことも影響しています。
空気の入れ替えを行わないと高気密化された室内の空気はどんどん汚れてきます。
このような汚れた空気の中で半日でも過ごせば、成人では約10㎏もの空気を呼吸するので住まいの大気中に含まれる有害な物質を大量に吸い込んでしまうことになります。また、建材以外に家具やカーテンにも化学物質が使われています。さらに日常使われる衣類の防虫剤、トイレの芳香剤、殺虫剤、灯油、タバコなどにも化学物質はまれます。更にカビの胞子やダニ、ダニの死骸、ふんについてもシックハウス症候群の原因になります。

 

シックハウス症候群の治療法は?

シックハウス症候群専門の外来がある病院での検査・治療が望ましいですが、有害物質が含まれる建材などの使用規制が強化されシックハウス症候群が減少傾向になってきたため、外来を閉鎖する病院もあり非常に少ないのが現状です。自治体の保健所で室内の化学物質の相談など受け付けているので相談して見るのも良い方法です。また、アレルギー科は、耳鼻咽喉科、小児科と併設されている病院が多く近隣の専門外来が無い場合はアレルギー科を受診します。

 

シックハウスの対策は?

シックハウス対策は毎日の暮らしの中に潜むリスクへの対策となります。
①建材をチェック
建材に使われている規制対象化学物質の含有量を把握し、なるべく放散量の少ない材料を選びましょう。建材だけでなく、家具やじゅうたん、カーテンや塗料ワックスにも化学物質を発散するものがあるので要注意です。できれば全ての家具や建材を化学物質を含まない安全性の高い自然素材等を使用するようにしましょう。
②定期的な換気を習慣に
定期的に、出来れば常に換気を行いましょう。24時間換気システムがあれば、スイッチを切らずに常に運転します。換気を行うことはカビやダニ対策としても効果的です。

 

まとめ

いえとち本舗では建築基準法で制限されるすべての規制対象建材に、シックハウス症候群の原因といわれるホルムアルデヒドの発散量が少ないJIS・JAS最高等級の「F☆☆☆☆」の建材を採用しています。ご詳細知りたい方はいえとち本舗東広島店までお気軽にお問い合わせ下さい♪

 

 

*******************************
ご相談はいえとち本舗東広島店まで♪
0120-932-325
お問い合わせフォームはコチラ
*******************************